瀬戸リトルの指導理念

リトル野球を通じ、勝利への闘争心、積極性、頑強な身体、社交的な交友など高度な野球技術の達成のみではなく、健康で礼儀正しく将来学校生活での活動や社会人として立派に指導性を発揮できるよう、社会の規律及びフェアプレー・チームプレーなど育成助長することを指導理念としています。

基本指導方針

就学児童であることを常に念頭に置き、基礎学力の強化・野球の基本・礼儀作法の指導に重点を置く。

主将を中心に自立活動ができるチーム作りを目標とする。

リトル年度制を重んじてチーム編成をする。(人数不足の場合は次年度制より編入する方法でチーム編成をする)

練習日・時間

練習日 毎週土日・祝日

練習時間 9:00~17:00頃(夏季は18時頃)

チーム編成

オールスター 小学5年生から中学1年生(8月)

マイナー   小学1年生から小学4年生

 本来、5年生以上がオールスター、3・4年生がマイナー、

 1・2年生は体験・教育チームとなりますが、瀬戸リトルでは

 オールスターとマイナーの2つに分かれて練習します。

 

事務局

 総会で決定した事項の遂行及び対外的な調整等、総合的な運営を行います。

指導部

 監督・コーチを示し、直接選手を指導する立場にあります。

審判部

 公式戦・練習試合の審判を務めます。

婦人部

 練習中の子どもの体調管理や遠征の段どり、備品の管理、試合や練習の連絡等々、

 選手がよりよい環境で日々活動できるようにサポートします。

父母会

 当リーグに所属する父母の会で、選手がよりよい環境で日々活動できるようサポートします。